視力0・3未満の小学生が50万人以上に

文部科学省の学校保健統計調査で視力が「0・3未満」の小学生の割合は過去最高を更新。7・55%となったことがわかりました。

小学生全体では50万人超えとなりました。

「幼い頃からゲームなどで画面を見る時間が増えているため」と分析。

子どもの視力低下は長く続いていて、小学生の「1・0未満」も過去最高の29・91%。

幼稚園児の「0・3未満」も0・79%で過去最高を更新。


調査は2010年4〜6月、全国の2割にあたる約135万人を対象に実施。
文部科学省が最も低い視力と分類する「0・3未満」の小学生の割合は、前年度比0・28ポイント増の7・55%で、統計を取り始めた1979年度(2・67%)の3倍近く!

(読売新聞ニュースよりピックアップ)
 


おすすめは視快研
shikaiken200.jpg
アスリートやスポーツ選手もやっているトレーニング教材です。
まずは、無料のレポートをお読みください
タグ : ,